0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00(祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

働くママ~本当はつらい夏休み

・小2の壁
・時間をどうやって確保するか
・夏季うつ?を防ぐ方法

子どもたちが家にいる時間が長くなる夏休み。普段より忙しくなる“夏休み問題”は、特に働くママたちにとって深刻なのではないでしょうか。帰省や家族旅行などイベントも多く、時間を確保することが困難な中で、“夏季うつ”的な状況に陥ってしまうママもいるようです。ストレスを溜め込んで子どもや家族に辛く当たり、そのせいでさらに自己嫌悪に陥るというような悪循環は避けたいものです。働くママたちが長い夏休みを快適に過ごしていくための知恵はないのでしょうか。


(出典:photo-ac)

小2の壁が顕著になる夏休み


ある人は小1の壁があるといい、またある人は小4の壁があるといいます。ただ、働くママたちが実感することが最も多いのは小2の壁のようです。小学2年生になると、1年生の時と比べて勉強がぐっと難しくなり、学校では日頃の宿題のでき具合もつぶさに見られるようになります。宿題こそが学習態度の鏡となるという考え方もあります。こうした事実がいわゆる“小2の壁”と呼ばれるものの根底にあるようです。

共働き家庭では、夏休みに子どもが学童保育に行っている時間が増えるでしょう。ここで子どもたち同士が知り合いになり、仲のよいグループが生まれるというプラスの面もありますが、一方で宿題をやるよりも友だちと遊んでしまうというパターンが多くなるという困った一面もあります。

ましてや夏休みはボリュームのある宿題がいくつも出されるので、宿題をやらない癖がついてしまうと、夏休みが残り1週間を切ったあたりから親子で大慌てでとりかからなければならないということも起きがちです。勉強の内容が格段に難しくなっている上に多くの宿題があり、時間は充分にあるはずなのに結局は足りなくなってしまう。それが夏休みにおける小2の壁の大きな影響といえるでしょう。

ママは時間が足りない


普段は学校に行っている時間を学童や児童館で過ごすにしても、給食がないので、お弁当を作る必要があります。ママは、朝の貴重な時間帯に通常はない作業が増えることになります。さらに、通ってくる子どもたち全員分のお弁当が入るほど大きな冷蔵庫がある学童施設や児童館はほとんどないでしょう。よって、暑い中でも悪くならないお弁当を作らなければなりません。

お弁当作りだけでも大変なのに、夏休みの宿題には大人の助けが必要なものもあります。自由研究や工作系、そして読書感想文などは、子ども任せにしていてはどうしても進みが遅くなりがちです。これを手伝うのが大変と感じているママは少なくありません。

こういう問題への対策は、とにかく早くテーマを決め、親子で計画を立て、比較的まとまった時間がとれる週末に進捗状況を確認するというやり方がよいようです。こうした意識を持っていれば、長い夏休みの間、ママがひと息つける時間を確保することの助けにもなるでしょう。


(出典:photo-ac)

楽しいはずの夏なのに…


この時期によく見られる気分障害のひとつに、“夏季うつ”というものがあります。主な症状として挙げられるのは、食欲の低下や不眠などです。夏バテと似た症状が多く、気分の落ち込みや不安感などの精神的不調を伴うのが特徴です。

夏休みの間は忙しいスケジュールの合間を見つけて予定をぎっしり詰め込みがちで、帰省など比較的長い期間にわたるものもあります。こなさなければならないことがあまりにも多いため、一つひとつは小さくても、ストレスが徐々に蓄積されていき、夏季うつの引き金ともなりかねません。

また、帰省にストレスを感じる人も少なくないようです。家族で実家に帰るというのは楽しいはずなのですが、まずたどり着くまでの渋滞や交通機関の混雑というストレスから始まります。一度に多くの人間が集まるため、さまざまな形で気遣いしなければならないことも考えられるでしょう。また、受け容れる側にも負担がかかることは容易に想像できるのではないでしょうか。行く側にも受け容れる側にもストレスになってしまったのでは、意味がありません。


(出典:photo-ac)

まとめ


小学生になったばかりの子どもがいるママは「保育園は天国だった」と言い、小4の子どもがいるママは「学童は本当にありがたかった」と言う。そんな話を聞いたことはありませんか。いずれも、子どもの時間とママの時間の使い方に関することがらといえるのではないでしょうか。ならば、時間をうまく使う方法を家族全員で考えていけば、子どもに負担をかけず、しかもママのストレスが軽減されるかもしれません。

まずはママだけが疲弊しないよう、家族間でそれぞれの役割を決めておくことを考えましょう。たとえば食器を洗う。たとえば洗濯物を干し、乾いたら取り込んでたたみ、しまう。あるいは、家族がそれぞれ家の中の担当場所を決めて、そこは責任を持ってきれいにしておく。また、ひとつの提案として、お手伝いをポイント制にして、子どもにインセンティブを与え、子どもが主体的に取り組めるようにするというのはどうでしょうか。こうした小さなアイデアと行動がママの負担を減らし、家族そろって元気で楽しい夏休みを過ごすことにつながるかもしれません。

せっかくの夏休み。親子共に楽しみ、絆を深めるための時間にしたいものです。


=参考リンク=
・小1の壁だけじゃない 小2の壁にも注意しよう
https://raisechild.hatenablog.com/entry/2019/04/15/122038

・【実録】働くママの「子どもの夏休み問題」 大変だったことは? その対策どうした?
https://brava-mama.jp/2017062887567/

・働くママの夏休みの乗り切り方。子どもが夏休み中、仕事はどうする?
https://www.parthaken.jp/column/work_style/natsuyasumi/

・女性は男性の3倍「夏季うつ」にかかりやすい! その見きわめ方と予防法とは
https://woman-type.jp/wt/feature/424


=こちらのコラムも読まれています=
・令和最初の夏休み 今年の宿題のトレンドは?
DATE
2019.08.01 11:00:28 木
TAG
資料請求・お問い合わせ 0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00 (祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

都道府県を選択
全国一覧へ

※説明会では、面接や筆記試験などは行っておりません。(ご希望者の方は、同日に面接・筆記試験を受けることができます。)

スタート応援キャンペーン

※1 算数・国語・英語/認可の場合。
  算数・国語/認可の場合は、最大77,000円
  のご支援となります。
※2 適用には条件があります
※ 金額は、消費税率10%時のものです。

学研教室イメージキャラクター張本智和選手・美和選手のインタビュー動画を公開中!
カテゴリ
01:コラム
02:Facebookページの過去投稿
最近の記事一覧
タグ
在宅ワーク
学研教室
自宅開業
教室
仕事
主婦起業
ママ
自宅
在宅ワーク調査
在宅
内職
調査
子育て
読書
起業
インフルエンザ
夏休み
宿題
軽減税率
ポイント還元
学研教室からのご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

学研教室併設のご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

会場提供者募集

説明会について

閉じる

●説明会は全国各地で実施しています。
日程が合わない場合は、個別での説明会も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
●説明会当日に開室を決定する必要はありません。
参加後にご検討ください。
「将来、先生になりたい」とお考えの方も遠慮なくお越しください。
●面接・筆記試験はありません。
希望者のみ、説明会と同日に受けることもできます。

説明会の内容(2時間程度)

  • ●学研教室の理念・方針
  • ●先生の仕事(指導や運営のしかた)
  • ●収支・学研の支援
  • ●質疑応答 など
会社概要プライバシーポリシーサイトマップ学研教室の生徒募集中
© Gakken