0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00(祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

消費税増税 ポイント還元について考えてみる

・消費税率は全部で5種類
・キャッシュレス決済でポイント還元
・ポイント還元の期限は2020年6月末まで


消費税の税率が10%になってから10日が経過しました。軽減税率も導入されましたが、初日は某大手すしチェーンの一部店舗のシステムが誤作動して外税0%のレシートが出されてしまったり、ファストフードチェーンは税率への対応がまちまちだったり、イートイン用とテイクアウト用の異なる値札の準備が間に合わないコンビニチェーンがあったり、決してスムーズな1日ではなかったようです。

そして、軽減税率は8%と10%だけの問題ではありません。現金決済よりも確実に得をするキャッシュレス決済。確かに得なのですが、そのしくみは複雑です。


(出典:photo-ac)

キャッシュレス決済によるポイント還元とは


ポイント還元には、以下に示すようにいくつかキーポイントがあります。

・各種クレジットカード、Suicaなどの交通系ICカード、LinePayやPayPayなどの電子マネーで支払いを行うことにより、最大5%のポイント還元が受けられる制度です。

・国のポイント還元事業に登録している(登録店は店頭にステッカーなどが掲示されています)中小・小規模事業者での買い物に適用されます。

・個人店など小規模店舗で5%、コンビニチェーンなどは2%、大手スーパーのような大規模事業者は適用外となります。

・ポイント還元制度は、2020年6月までの移行措置です。


以上を踏まえ、もう少し詳しく見ていきましょう。


(出典:photo-ac)

5種類の税率


利用者にとってお得感の大きい制度ですが、同じ商品であっても買う場所と買い方、そして支払方法によって10%、8%、6%、5%、3%と5種類もの税率が考えられることになり、とても複雑です。まず、それぞれのケースを整理しておいた方がよいかもしれません。

本体価格100円のコーヒーを電子マネーで買う場合を想定し、シミュレートしてみましょう。

月曜日は駅前の大手スーパーで本体価格100円のコーヒーを買って、イートインコーナーで飲みました。外食扱いなので税率は10%、支払額は110円です。翌日も同じスーパーに行き、コーヒーを持ち帰りにしました。軽減税率が適用されるので税率は8%、支払額は108円です。大手スーパーなので、キャッシュレス決済してもポイント制度の適用外であるため、支払額は上のとおりになります。

水曜日は全国展開しているコンビニのフランチャイズ店で同じコーヒーを買ってイートインで飲みました。この時の支払い額は108円。翌日も同じコンビニで同じコーヒーをテイクアウトで買いました。支払い額は106円。コンビニでのキャッシュレス決済には2%のポイント還元が適用されるので、税率はそれぞれイートイン10%→8%、テイクアウト8%→6%になります。

金曜日は個人経営のコーヒーショップで、本体価格100円のコーヒーを注文して店内で飲みました。このときの支払い額は105円。翌日同じ店で同じコーヒーをテイクアウトしたときの支払い額は103円。個人商店など中小の店舗になるとポイント還元率が5%となるため、店内で飲む場合は10%→5%で実際の支払い額は105円、持ち帰りの場合は8%→3%になるので、実際に支払う額は103円となります。

本体価格は同じ100円のコーヒーでも、キャッシュレス決済だと、このように5種類ものパターンが考えられるのです。


(出典:photo-ac)

ネットショッピングでもポイント還元


リアル店舗での買い物のほか、Amazonや楽天など個人向けECモール上での買い物も還元の対象となっています。還元率は個人商店などと同じく5%なので、たとえば月に2万円分をカードで買えば1000円がポイント還元され、1年で1万2000円になります。買い物は可能な限り中小店舗や小規模ECに絞る形でのネットショッピングで済ませ、外食も旅行もポイント還元対象となっている店舗や施設を選んで行くようにすれば、かなりの金額のポイント還元が期待できるのではないでしょうか。

キャッシュレス決済を通したポイントゲットのチャンスはこれだけではありません。美容室やネイルサロン、そしてペットのトリミングなど、さまざまな種類のお店が考えられます。先に記した条件を満たす店舗であれば、キャッシュレス決済で支払った金額の5%が還元されます。

また、各スマホ決済サービスが、加入時のポイントプレゼントや地域限定・時期限定のポイント倍増キャンペーンを展開しており、いくつか組み合わせて使用することで、かなりお得になる方法がさまざまなサイトで紹介されています。

交通系電子マネーも


もう1種類紹介しておきたいのは、Suica(JR東日本)やPASMO(首都圏の私鉄各社)、ICOCA(JR西日本)、SUGOCA(JR九州)などの交通系電子マネーです。それぞれ事前登録しておけば、こちらでもポイント還元を受けることができます。Suicaなら会員登録を済ませておけば、利用月1ヵ月分相当のポイントが翌月に還元されます。還元率は、エキナカの対象店で2%です。

PASMOも事前登録が必要となりますが、3ヵ月ごとに利用金額に応じてポイント還元されます。ただ、駅や定期券販売窓口において直接引き換えということになります。また、ひもづけるクレジットカードによって還元率が異なるので、確認しておくとよいでしょう。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

まとめ


消費税増税についての賛否はともかくとして、せっかく用意されたポイント還元制度をみすみす見逃す手はありません。うまく利用し、効率的に使って少しでも出費を抑えていきたいものです。



=参考リンク=
・消費税増税の「5%ポイント還元」に備えよ! 実はこんなに得できる!
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59214

・5分でわかる「キャッシュレスポイント還元」、Suicaもクレカも還元
https://japanese.engadget.com/2019/09/30/5/

・PASMOチャージでポイントが貯まる! おすすめのクレジットカード
https://card-professor.jp/pasmo/

=こちらのコラムも読まれています=
消費税率アップ “軽減税率”って何?
DATE
2019.10.10 11:00:34 木
TAG
資料請求・お問い合わせ 0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00 (祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

都道府県を選択
全国一覧へ

※説明会では、面接や筆記試験などは行っておりません。(ご希望者の方は、同日に面接・筆記試験を受けることができます。)

スタート応援キャンペーン

※1 算数・国語・英語/認可の場合。
  算数・国語/認可の場合は、最大77,000円
  のご支援となります。
※2 適用には条件があります
※ 金額は、消費税率10%時のものです。

学研教室イメージキャラクター張本智和選手・美和選手のインタビュー動画を公開中!
カテゴリ
01:コラム
02:Facebookページの過去投稿
最近の記事一覧
タグ
在宅ワーク
学研教室
自宅開業
教室
仕事
主婦起業
ママ
自宅
在宅ワーク調査
在宅
内職
調査
子育て
読書
起業
インフルエンザ
夏休み
宿題
軽減税率
ポイント還元
学研教室からのご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

学研教室併設のご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

会場提供者募集

説明会について

閉じる

●説明会は全国各地で実施しています。
日程が合わない場合は、個別での説明会も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
●説明会当日に開室を決定する必要はありません。
参加後にご検討ください。
「将来、先生になりたい」とお考えの方も遠慮なくお越しください。
●面接・筆記試験はありません。
希望者のみ、説明会と同日に受けることもできます。

説明会の内容(2時間程度)

  • ●学研教室の理念・方針
  • ●先生の仕事(指導や運営のしかた)
  • ●収支・学研の支援
  • ●質疑応答 など
会社概要プライバシーポリシーサイトマップ学研教室の生徒募集中
© Gakken