0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00(祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

今話題のリカレント教育とは

・リカレント教育とは
・リカレント教育のメリット
・働く女性とリカレント教育


ちかごろよく聞くようになった“リカレント教育”という言葉。働くようになってからも教育機関に戻って学ぶことができる教育システム、就業後も続く生涯教育構想です。人生100年時代といわれる今、リカレント教育の充実を課題とする企業の数も増えてきました。ここでは、リカレント教育の現状とメリット、そしてこれからを見ていきます。


(出典:photo-ac)

リカレント教育とは


「人生100年時代」という言葉は、ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授とアンドリュー・スコット教授が『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』という本で提唱した概念です。過去200年の統計から考えると、人間の平均寿命は延びていくことが考えられます。以前は平均寿命を80年とした人生設計が普通でしたが、それはもう当てはまらないという持論を展開したのです。

日本でも、厚生労働省が2017年9月に第1回「人生100年時代構想会議」を開催し、以来人生100年時代を見据えた経済社会システム作りについての話し合いが重ねられています。2019年12月にまとめられた中間報告を見ると、国が、幼児から社会人に至るまで生涯学習が重要であると捉え、いつでも有用なスキルを学び直せるよう、切れ目のない形で質の高い教育の場を用意している姿勢がわかります。詳しくはこちらのサイトをご参照ください。

文部科学省はリカレント教育を「職業上必要な知識・技術を修得するために、フルタイムの就学と、フルタイムの就職を繰り返すこと」と定義したうえで、「働きながら学ぶ場合、心の豊かさや生きがいのために学ぶ場合、学校以外で学ぶ場合も含まれる」としています。詳しくはこちらのサイトをご参照ください。

リカレント教育のメリット


リカレント教育のメリットとして挙げられる要素は、すでに身につけているスキルの向上、そして新たに専門的なスキルを身につけられることです。すでに仕事で実践しているスキルならば、何も知らないところから始めるよりも習得が速いでしょう。学習の対象が未経験分野であったとしても、仕事を通して身につけた知識との相乗効果が期待できます。

厚生労働省では、リカレント教育を通し「自己啓発が労働者に与える効果として、労働者の生産性が上昇することで、賃金が上昇する効果」が考えられるとしています。リカレント教育を受けることにより、キャリアアップが可能となり、将来的に年収アップにつなげることが期待できそうです。

企業側のメリットはどのようなものが考えられるでしょうか。どんな業種であれ、時代の変化に適応していくためには新しい知識や考え方が不可欠です。勤続年数に関係なく社員にリカレント教育を行っていけば、どの世代の社員であっても、常に知識のアップデートを行っていくことが可能になります。社員同士で刺激しあい、良好な労働環境を作り出していく上でも役立つのではないでしょうか。

こうした流れを受け、社会人にリカレント教育の機会を提供している大学も増えています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。


(出典:photo-ac)

働く女性とリカレント教育


長期雇用を前提とした働き方が主流とされる日本であっても、最近はリカレント教育の重要性に対する認知が深まっています。転職によるキャリアアップ、主婦や子育て中の女性の社会進出機会の増加によって、特定のスキルや知識を専門の教育機関でしっかり学習したい、あるいは学習し直したいという人が多くなっています。

特に結婚や産休を挟んでキャリアアップを目指す女性にとって、リカレント教育は大きなチャンスとなるのではないでしょうか。自分なりのライフステージやキャリアパスに合致する形で学習機会を自ら創出していくことができるからです。

ただ、日本の場合はリカレント教育に関する公的補助や支援制度が充実しているとはいえません。欧米では有給教育制度が導入されている企業が多いのですが、日本ではそこまで成熟した仕組みが構築されてはいません。

現在、文部科学省や地方自治体が一体となって、生涯学習審議会や生涯学習センターといった仕組みを構築し、一生学び続けることができる社会の整備が進められています。これから先の数年間で、社会人が学びやすい環境が整っていくことが期待されます。


(出典:photo-ac)

まとめ


少子高齢化がさらに進むことによって労働力が不足し、高齢者であっても重要な戦力として必要とされることが十分に考えられます。また、AI=人工知能の進化によって人間の仕事が奪われるという状況について多くが語られ、実際に機械に取って代わられる職業のリストが発表されたことも記憶に新しいでしょう。

就業後の学び=リカレント教育の必要性はこれから先も高まっていき、それに応じて学ぶ手段の環境整備も進んでいくのではないでしょうか。


=参考リンク=
・リカレント教育は日本に根付くのか。その背景にあるもの
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/28/news047.html
・「人生100年時代」のリカレント教育 働く女性の6割以上が興味あり
https://www.hrpro.co.jp/trend_news.php?news_no=758
・女性向け学び直し、より実践的に 再就職・昇進後押し
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO55510310S0A210C2000000/
DATE
2020.05.28 11:00:51 木
TAG
資料請求・お問い合わせ 0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00 (祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

都道府県を選択
全国一覧へ

※説明会では、面接や筆記試験などは行っておりません。(ご希望者の方は、同日に面接・筆記試験を受けることができます。)

スタート応援キャンペーン

※1 算数・国語・英語/認可の場合。
  算数・国語/認可の場合は、最大77,000円
  のご支援となります。
※2 適用には条件があります
※ 金額は、消費税率10%時のものです。

学研教室イメージキャラクター張本智和選手・美和選手のインタビュー動画を公開中!
カテゴリ
01:コラム
02:Facebookページの過去投稿
最近の記事一覧
タグ
在宅ワーク
学研教室
自宅開業
主婦起業
教室
仕事
ママ
自宅
在宅ワーク調査
起業
在宅
内職
セカンドキャリア
調査
子育て
読書
自宅起業
インフルエンザ
リビング学習
花粉症
学研教室からのご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

学研教室併設のご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

会場提供者募集

説明会について

閉じる

●説明会は全国各地で実施しています。
日程が合わない場合は、個別での説明会も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
●説明会当日に開室を決定する必要はありません。
参加後にご検討ください。
「将来、先生になりたい」とお考えの方も遠慮なくお越しください。
●面接・筆記試験はありません。
希望者のみ、説明会と同日に受けることもできます。

説明会の内容(2時間程度)

  • ●学研教室の理念・方針
  • ●先生の仕事(指導や運営のしかた)
  • ●収支・学研の支援
  • ●質疑応答 など
会社概要プライバシーポリシーサイトマップ学研教室の生徒募集中
© Gakken