0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00(祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

ゲーム好きも学習につなげることができる

・大人も子どももスマートフォンやタブレットが手放せない
・タブレットを有効活用する
・オンラインで学習


最近、スマートフォンやタブレットに触れる時間が長くなったという人が多いのではないでしょうか。こうした機器を通勤や通学中に使っている場合、目的地に着けばそれでいったん終了となるはずです。調べもの、SNSの利用、あるいはゲームであっても切り上げなければなりません。

しかし家にいる場合は、「キリのよいところまで」という気持ちが強くなり、その“キリ”の基準も甘くなっていきがちです。結果として、お風呂にまでスマートフォンを持ち込んでSNSをチェックしたり、寝る前までタブレットでゲームをし続けたりしてしまうこともあるでしょう。大人も子どももスマートフォンやタブレットが手放せなくなっていますね。

家庭学習時間が短くなることや眼の健康などへの不安から、子どもの長時間のスマートフォン・タブレットの使用について否定的な意見もあるかもしれません。しかし、さまざまな研究から、子どもの成長にとって良い面もあることも見逃せないのが事実です。ここでは、そういった要素について詳しく見ていきましょう。


(出典:ぱくたそ)

生活必需品プラスアルファ


スマートフォンやタブレットは、もはや生活必需品と言っても過言ではないかもしれません。2020年度資料で見てみると、普及率は世帯当たりでスマートフォンが77.6%、タブレット型端末が35.2%となっています(参考リンク)。

スマートフォンやタブレットは、SNSや通話を含めたコミュニケーションツールという役割に加え、ゲームや音楽配信、動画視聴といったエンタテインメント要素も強い中ですが、学習機器という側面から考えてもとても優秀といえるでしょう。

大人も子どもも場所も時間も選ばずに勉強することができ、アプリケーションやサービス、そして動画の種類も豊富で、映像を見ながら料理を作ったり、ネイティブの発音を聞きながら外国語を学んだり、大学レベルの講義を聞いたりすることも可能です。たしなみ程度のものから専門的なものまで、自分だけのカリキュラムを構成することができるのです。

タブレット学習という方向性


どこへでも持ち運べる情報端末で勉強することは、リビング学習のように、意外に効率がよい方法なのかもしれません。スマートフォン・タブレット学習向けのカリキュラムも多数提供されており、今後はこうした勉強の仕方を必要に応じて取り入れることが重要になっていくでしょう。

文部科学省も独自の検証を行っており、タブレット端末を活用したほうが知識理解や意欲が深まったり、グループワークで有効に活用できる傾向が確認されています(参考リンク)。公立小・中学校でも教育ICT環境の整備は急務となっており、1人1台の端末の導入が目指されています。また既に、学校現場では動画や音声、パソコンを利用する授業が、試行錯誤の中進められています。子どもたちの学習環境の中では、タブレット・パソコンはもはやなくてはならないも物となりつつあります。

とはいえ、過程をタブレット化することも無理があるでしょう。もちろん手書き学習、たとえば漢字の習得などはこれまで通りの方法が選ばれる場合も多いはずです。それぞれの学習環境に適した割合で、それぞれのペースで取り入れていけば、これまでの紙と鉛筆を使った学習法と、タブレット学習双方の“いいとこどり”を実現できるようになるでしょう。

いきなりタブレットで学習を始めるのではなく、ゲームから入ったとしても、慣れ親しんだ機器としてのタブレットを使うことで学習との親和性が高まるという意見もあります。さらには、タブレットならではの強みを生かした知識の蓄積・運用方法もさまざまに提案されています。


(出典:photoac)

学研教室の「英語アドバンスコース」と「ロボットプログラミングコース」


学研教室では、「小学英語コース」と、アクティブラーニング形式のレッスンを取り入れた「英語アドバンスコース」などでスマートフォン・タブレット、パソコン用のデジタル教材を取り入れています。また会員の方向けに、インターネットに接続されたパソコンやタブレットさえあれば「学研教室クラウドルーム」(よくある質問)にアクセスして、さまざまな学習コンテンツの利用が可能となり、「知りたいことをピンポイントな形ですぐに知ることができる」環境が実現できます。

論理的思考力を養うロボットプログラミングコースでは、小学1・2年生向けの「しくみkids」と、小学3年生からの「もののしくみ研究室」のふたつの講座があり、それぞれの学年に合わせた豊富な内容が用意されています。低学年ではプログラミングカーやパズルで論理的思考力をはぐくみ、中・高学年ではプログラミングを通して身近なものの「しくみ」を学び、ブロックのロボットを組み立てて「しくみ」を再現します。

学研のプログラミング講座では、トライアル&エラーを繰り返して課題を解決する(ミッションをクリアする)という一連の過程から、未来を生き抜くための力がはぐくまれていきます。


(出典:photoac)

まとめ


新しい道具として急速に普及しつつあるスマートフォン・タブレットは、学習機器としても高い可能性を秘めているといえるでしょう。入り口はゲームでも構わないので、身近な道具として慣れていけば、学習機器としての機能を賢く活用できるようになれるはずです。


=参考リンク=
・学校におけるICT活用の必要性―文部科学省
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/037/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2017/02/17/1382338_04.pdf

・初頭中等教育における学習指導でのICT活用
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/056/shiryo/attach/1244851.htm

・学研教室、ハイレベルな英語力が身に付く「英語コース」を4月から開講
https://ict-enews.net/2020/01/07gakken-5/

・学研教室 ロボットプログラミングコース 論理的思考力を養う
https://www.889100.com/nen/robopuro/


=こちらのコラムも読まれています=
・学研教室は、未来を作る仕事につながる場
DATE
2020.07.16 11:00:59 木
TAG
資料請求・お問い合わせ 0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00 (祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

都道府県を選択
全国一覧へ

※説明会では、面接や筆記試験などは行っておりません。(ご希望者の方は、同日に面接・筆記試験を受けることができます。)

スタート応援キャンペーン

※1 算数・国語・英語/認可の場合。
  算数・国語/認可の場合は、最大77,000円
  のご支援となります。
※2 適用には条件があります
※ 金額は、消費税率10%時のものです。

学研教室イメージキャラクター張本智和選手・美和選手のインタビュー動画を公開中!
カテゴリ
01:コラム
02:Facebookページの過去投稿
最近の記事一覧
タグ
在宅ワーク
学研教室
主婦起業
自宅開業
教室
仕事
ママ
自宅
在宅ワーク調査
起業
在宅
内職
セカンドキャリア
調査
子育て
読書
自宅起業
インフルエンザ
リビング学習
花粉症
学研教室からのご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

学研教室併設のご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

会場提供者募集

説明会について

閉じる

●説明会は全国各地で実施しています。
日程が合わない場合は、個別での説明会も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
●説明会当日に開室を決定する必要はありません。
参加後にご検討ください。
「将来、先生になりたい」とお考えの方も遠慮なくお越しください。
●面接・筆記試験はありません。
希望者のみ、説明会と同日に受けることもできます。

説明会の内容(2時間程度)

  • ●学研教室の理念・方針
  • ●先生の仕事(指導や運営のしかた)
  • ●収支・学研の支援
  • ●質疑応答 など
会社概要プライバシーポリシーサイトマップ学研教室の生徒募集中
© Gakken