0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00(祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

ふつうの主婦・子育てママだった私が“起業”した理由

・起業のきっかけが訪れた瞬間
・自分の起業スタイルを実現させる
・自分という存在を表現する仕事で起業する


専業主婦、子育て中のママ。起業して成功した女性はたくさんいます。このコラムでは、成功した女性たちが起業を思い立った瞬間、起業のきっかけをつかんだ瞬間について見ていきたいと思います。


(出典:photoac)

起業のきっかけは出産


「結婚が人生のゴール。結婚をすれば、旦那さんがお金を稼いできてくれる。そして私は素敵なママになって暮らすと安易に考えていました」

20代の頃はそう思っていたと語るのは、現在多数の店舗で美容サロンと美容スクールを運営する会社の女性社長です(参考リンク)。結婚して間もなく女の子を授かりましたが、娘さんは生まれた直後に原因不明の病気にかかり、一時は生死の境をさまよう状態に陥ってしまいました。

2年にわたる闘病生活を経てすっかり元気になった娘さんは、その後問題なく育ち、保育園にも普通に通えるようになりました。そんなある日、安堵から肩の力が抜けるのを感じたそうです。働く意欲もわいてきましたが、娘さんの急な発熱などを考えると、ぴったりの職場がなかなか見つかりません。そこでかつて学んでいた美容に関する知識を活かして、自宅の四畳半の部屋で子連れOKのサロンを始めることにしました。

やがて子育て中のママが多く集まってくれるようになり、口コミで宣伝をしてくれたおかげで、数年後には別の場所で新しい店舗を開くことができました。今では多数の店舗を展開する企業に成長し、グループ会社も立ち上げ、3つの会社を経営しています。

起業のそもそものきっかけは、娘さんを授かったことだったのかもしれません。出産をきっかけに仕事を諦めてしまう女性は少なくないですが、この女性のように、出産と子育ての経験が起業につながる場合もあるのです。


(出典:photoac)

10年間かけて実現した起業


専業主婦➡フランチャイズ経営検討➡専業主婦➡ハローワークなどで求職活動➡在宅ワーク(フリーランス・ライター)➡キャリア相談・起業の勉強➡1年半のパート勤務➡起業講座受講➡起業

専業主婦から起業までに至る、とある女性の10年間の過程です。彼女は、専業主婦の頃からずっと起業したいという思いを抱いていました。フランチャイズの子供服のリサイクルショップを始めようとして、本部まで行ったこともありました。具体的な話を聞いて、収益が出そうなシステムにも納得できましたが、何かがピンと来ませんでした。

大学時代に学んだ英語やIT業界での仕事で得た知識を活かして、教室を開こう。そう思ったこともありました。しかし、場所と時間と経費というさまざまな種類の負担が大きく、諦めざるを得ませんでした。自分のライフサイクルとのタイミングが合わなかったことも理由のひとつです。やがて、起業は決してビジネスモデルや収入だけではなく、情熱を傾けられる仕事を見つけること、生涯の仕事を求める気持ちが大切であることに気づきました。

その後育児に専念する期間で家族の健康やスケジュール管理、家事やさまざまなお付き合い、教育面をすべてこなす生活の中で仕事にもつながるスキルを養いました。忙しい日々の中、いつの日か自分の会社を立ち上げることができたら、という思いがさらに強くなります。その会社のモットーは、こんな内容です。「有能な主婦にリハビリを兼ねて働きながら勘と自信を回復してもらい、そこで学んだ人たちが後輩を育成して、自分も経営者に育ってもらう」

在宅ワークやパートの仕事をするかたわらキャリア相談を重ね、自分なりに勉強し続けました。そしてフリーランス・ライターをしていたときにキャリア相談で出会ったとある女性が「資格がなくても、あなたには経験がある」という言葉をかけてくれたそうです。このひとことがきっかけとなり、10年にわたる経験すべてを活かせる職種である「起業支援アドバイザー」という仕事で起業することにしました。今は、かつて思い描いていたモットーを実現した会社を経営しています。


(出典:photoac)

日常を起業に結び付けた女性


子育て中のママ、あるいは子育てが一段落してまた働きたいという気持ちになったママたちの一番の悩みは何でしょうか。それは、気持ちも含めて仕事に戻るということの難しさかもしれません。子育てをこなした期間をギャップと表現するのは誤っているでしょう。ただ、子育て前にしていた仕事と子育て中になすべきことが歴然と異なるのも事実かもしれません。

こうしたジレンマを解決しようとしているのが、「ヒメママ」というオンライン講座のコミュニティサイトを立ち上げた坂上愛佳さんです。フリーアナウンサーとして活躍した後結婚し、出産を経て、育児のために家にいる時間が長くなり、独特な孤独感を抱く日々が続きました。ある日子育て中のママたちとのオフ会イベントで、同じ状況に置かれている数多くの人たちと会った時、つながることの大切さをあらためて感じたそうです。

そこで、ヨガや料理など特技を活かした動画を自宅で撮影してもらい、それを配信するサイトを立ち上げ、情報を発信する側のママと受ける側のママのコミュニケーションを活性化することを考えました。今では、特技動画を媒体とした一大コミュニケーションスペースとして知られるようになっています。

まとめ


人生の転機と表現すべき瞬間は、いつ訪れるかわかりません。何回経験するのかもわかりません。ただ、起業という大きな決断がそのうちの一つであることは間違いないでしょう。そのためのヒントを見逃さないために自分がすべきことは何か。本当の意味での起業のきっかけは、それを意識した瞬間なのかもしれません。


=参考リンク=
・株式会社アイエフラッシュの創業ストーリー
https://cloud.sogyotecho.jp/cp/1758/ss/199/

・【体験談】専業主婦が起業するまで
https://officemana.com/start_business/how2startmybusiness/

・わたしと起業.com
http://www.watashi-kigyou.com/point_01.htm


=こちらのコラムも読まれています=
・主婦起業 アイデアの出し方
・今こそ自宅起業を本気で考える
・主婦起業 オンラインサロンを作ってみよう
DATE
2020.11.12 11:00:13 木
TAG
資料請求・お問い合わせ 0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00 (祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

都道府県を選択
全国一覧へ

※説明会では、面接や筆記試験などは行っておりません。(ご希望者の方は、同日に面接・筆記試験を受けることができます。)

スタート応援キャンペーン

※1 算数・国語・英語/認可の場合。
  算数・国語/認可の場合は、最大77,000円
  のご支援となります。
※2 適用には条件があります
※ 金額は、消費税率10%時のものです。

学研教室イメージキャラクター張本智和選手・美和選手のインタビュー動画を公開中!
カテゴリ
01:コラム
02:Facebookページの過去投稿
最近の記事一覧
タグ
在宅ワーク
主婦起業
学研教室
自宅開業
教室
仕事
ママ
自宅
在宅ワーク調査
読書
起業
自宅起業
在宅
内職
セカンドキャリア
調査
子育て
インフルエンザ
リビング学習
確定申告
学研教室からのご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

学研教室併設のご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

会場提供者募集

説明会について

閉じる

●説明会は全国各地で実施しています。
日程が合わない場合は、個別での説明会も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
●説明会当日に開室を決定する必要はありません。
参加後にご検討ください。
「将来、先生になりたい」とお考えの方も遠慮なくお越しください。
●面接・筆記試験はありません。
希望者のみ、説明会と同日に受けることもできます。

説明会の内容(2時間程度)

  • ●学研教室の理念・方針
  • ●先生の仕事(指導や運営のしかた)
  • ●収支・学研の支援
  • ●質疑応答 など
会社概要プライバシーポリシーサイトマップ学研教室の生徒募集中
© Gakken