0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00(祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

熱中症に注意

・熱中症の症状を確認しておく
・かからないようにするためには
・かかってしまったら


5月25日、新型コロナウイルス感染防止対策として発令されていた緊急事態宣言が全面解除されました。第二波への不安はありつつも、長い外出自粛期間の後、さっそく公園などの屋外で体を動かしてストレスを発散した人も多いでしょう。ただし、天候がすでに夏寄りになっていることを忘れないほうがよいです。室内で多くの時間を過ごす長い期間を経ていきなり外に出ると、強い日差しに体がついていけないかもしれません。

熱中症に気をつけたい時期がすでに訪れています。医療体制は緊急事態宣言発令中よりもだいぶ回復しているようですが、それでも、熱中症で具合が悪くなった場合にすぐに診てもらえるとは限りません。これからの時期、熱中症患者が激増する可能性も否めないでしょう。そこでここでは、熱中症についての事実を確認し、正しい予防法と対処法について考えていきたいと思います。


(出典:photo-ac)

熱中症の症状


熱中症とは、高温多湿の環境の中で身体機能が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。具体的な症状は次の通りです。
1. めまい、顔がほてる
2. 筋肉痛、筋肉のけいれんが起きる
3. 体がだるく、吐き気がする
4. 汗がうまく出ない
5. 体温が上がったまま下がらない
6. 声をかけても反応しない、立ったり歩いたりできない

こうした症状のうち一つでも出たら、熱中症を疑ったほうがよいでしょう。

熱中症が起こりやすい場所


熱中症に対する注意が必要な場所は、第一に屋外です。ただし、屋内にいればそれだけで安全とは言い切れません。気温が高い日にエアコンをつけないままの部屋にいるのは、日差しが強い場所にいるよりも危険かもしれません。また、お風呂場や洗面所は洗濯機や乾燥機の熱がこもりやすく、湿気もあるので、こうした場所で長時間過ごすのは避けたほうがよいでしょう。そして、1階よりも2階、2階よりも3階のほうが昼間の気温によって熱や湿気がこもりがちです。一戸建て住宅は上の階に寝室がある場合が多いので、就寝前に空気を入れ替えたり、エアコンで室内の気温を下げておいたりといった工夫も必要でしょう。

しっかり予防する


熱中症の予防には、体内の水分量を適正に保っておくことが最も大切です。こうしておけば汗をかきやすくなり、体温の調節も上手にできるようになります。また汗をかいた後に入浴し、そのままでいると、入浴中に体内の水分が失われ、熱中症の原因になりかねません。入浴前後にはコップ1杯程度の水を飲むようにしましょう。

のどが渇いていなくても、少量ずつ水を飲むようにしましょう。ちなみにカフェインの入ったお茶やコーヒー、炭酸水は利尿作用が高いため、水分補給という目的には向いていないようです。汗を大量にかくと、体内の水分だけではなく、塩分とミネラルも奪われてしまいます。塩分入りタブレット、うめぼしなどで効果的に塩分を補給しましょう。また麦茶には豊富なミネラルが含まれており、効果が期待できます。1時間以上のスポーツ時には、塩分とミネラルに加え糖分も含まれるスポーツドリンクがおすすめです。

熱中症を予防するためには、以下のようなことがらが勧められています。
1. こまめな水分補給
2. エアコンや扇風機を積極的に使用する
3. シャワーで水を浴びたりして体温を下げる
4. 気温・室温に気を配る
5. 室内でも涼しく感じる服装を心がける



(出典:photo-ac)

もしもかかってしまったら


熱中症にかかっていると思われる人が出たら、まず意識があるかどうかを確認しましょう。意識がもうろうとしている状態ならば、すぐに救急車を呼んで、到着するまでの間に応急処置を行ったほうがより安全といえるでしょう。大切なのは体を冷やすことです。首やわきの下、太ももの付け根といった太い血管が通っている場所を集中的に冷やすのが体温を下げることに効果的です。保冷剤、あるいは氷をビニール袋に詰めたものを使うとよいでしょう。

屋外で症状が出た場合には、まず涼しい場所に移すことを第一に考えましょう。可能なら、エアコンで涼しくなっている部屋などがよいでしょう。体にこもった熱を放散させるため、衣服は脱がせ、冷水をかけて風を送ると、体温を早く下げることができます。

意識が戻ったら、体を冷やしながら冷えたスポーツドリンクなどを飲ませ、体の内側からも冷やしながら救急車の到着を待ちましょう。意識がない場合は、無理に水を飲ませないようにしましょう。

今年の夏は、いつもと違ってマスクをする場面が増えることが考えられます。新しい生活様式の中でも、熱中症対策は欠かせません。ソーシャル・ディスタンスに注意していれば、特に屋外ではマスクを外しておいたほうが熱中症予防になるといわれています。


(出典:photo-ac)

まとめ


水を入れたペットボトルを凍らせ、タオルやハンカチを巻いて、室内でも室外でも手に持っているとよいかもしれません。特に暑さを感じていなくても、ボトルを頸動脈にあてたり、わきの下に挟んだりしておけば、体温の上昇を防ぐことができるでしょう。

そして、暑さを感じる前にエアコンや扇風機を使うことも、室内での熱中症予防に役立ちます。そして、こまめに水分をとりましょう。こうしたことを心がけていれば、体温の上昇と無意識の体内水分量低下を防ぐことができます。かかってからでは遅い熱中症。今年は早いうちから予防を心がけてはいかがでしょうか。


=参考リンク=
・環境省 熱中症予防情報サイト
https://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php

・熱中症の予防・対策
https://www.netsuzero.jp/learning/

・熱中症が疑われる時の応急処置
https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/heat-disorders/first-aid/
DATE
2020.06.04 11:00:02 木
TAG
資料請求・お問い合わせ 0120-889-100

月~金曜 9:00~17:00 (祝休日を除く)※最寄りの学研教室事務局につながります。

都道府県を選択
全国一覧へ

※説明会では、面接や筆記試験などは行っておりません。(ご希望者の方は、同日に面接・筆記試験を受けることができます。)

スタート応援キャンペーン

※1 算数・国語・英語/認可の場合。
  算数・国語/認可の場合は、最大77,000円
  のご支援となります。
※2 適用には条件があります
※ 金額は、消費税率10%時のものです。

学研教室イメージキャラクター張本智和選手・美和選手のインタビュー動画を公開中!
カテゴリ
01:コラム
02:Facebookページの過去投稿
最近の記事一覧
タグ
在宅ワーク
学研教室
自宅開業
主婦起業
教室
仕事
ママ
自宅
在宅ワーク調査
起業
在宅
内職
セカンドキャリア
調査
子育て
読書
自宅起業
インフルエンザ
リビング学習
花粉症
学研教室からのご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

学研教室併設のご案内

個人・法人事業主さまへ
事業スペースを有効活用

会場提供者募集

説明会について

閉じる

●説明会は全国各地で実施しています。
日程が合わない場合は、個別での説明会も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
●説明会当日に開室を決定する必要はありません。
参加後にご検討ください。
「将来、先生になりたい」とお考えの方も遠慮なくお越しください。
●面接・筆記試験はありません。
希望者のみ、説明会と同日に受けることもできます。

説明会の内容(2時間程度)

  • ●学研教室の理念・方針
  • ●先生の仕事(指導や運営のしかた)
  • ●収支・学研の支援
  • ●質疑応答 など
会社概要プライバシーポリシーサイトマップ学研教室の生徒募集中
© Gakken